社内の環境設備を行なうならプロの業者にお任せ

開放感溢れる空間をリフォームで作ろう

安く抑えるために

立地条件が良い物件が多く住みやすい

UR賃貸の物件に関してですが、最近では建物のの老朽化に伴い補強工事やまた耐震工事を行ったりと色んな改善策が進められています。物件の中には既に築30年以上の団地があったり、出来た当初はとても人気やまたかなりの好評を得ていたにも関わらず、時代の流れによるものか廃りがある部分も見受けられるかもしれません。ただ、個人的にこのUR賃貸というのは契約の内容もとても厳しいものではなく、契約しやすいですし、また中には交通の便や周りの生活環境がとても充実している物件も多くあります。ただ一つ気になる点としてはいざ退去するとなると現状回復を要求される部分もあり、例えば一定期間住んだ事による壁や床等の劣化も費用を請求される事がありますので、そこが一つ疑問に思ってしまう部分です。

UR団地の現状回復をする時に

経験談になりますが、UR団地を退去する時に気を付けてもらいたいのが、出来るだけ綺麗な状態に掃除や片づけをして退去する事です。そうすればまず現状回復の査定を受ける部分で請求される項目が少なくなりますが、本当であれば項目は無いというところまで持っていきたいのですが、それはまたURの事情もありやはり少なからず料金を徴収して部屋のクリーニングや改築費に充てないといけないようです。ただ、無理な使い方をしている訳ではないのに、使い方について問題指摘されるときちんとやっているこちらとしては正直疑問に思う部分が多々あります。仮に長年住んだとすれば柱やふすまなどは当時と同じ様に現状回復は出来ません。これはあくまで時間の摂理の話になりますが、UR側ももう少し現状回復に関する説明等を入居時に説明するなどきちんと対応した方が良いかもしれません。

Copyright © 2015 社内の環境設備を行なうならプロの業者にお任せ All Rights Reserved.