社内の環境設備を行なうならプロの業者にお任せ

開放感溢れる空間をリフォームで作ろう

料金には

エレベータ保守料金について

誰もが必ず一度は使ったことがあるであろうエレベーター。24時間休みなしに動いている訳ではなく、法律に則った保守点検を受けなければなりません。その保守点検にも幾つか種類があります。まず、フルメンテナンスか、点検契約か。これは保守点検時に都度、部品を修理交換するか、提案をしてオーナーに判断を仰ぐか、ということです。前者は手厚いぶん料金はかかります。後者は安く済むぶん、不調な部品があった場合に急な出費が必要になることがあります。料金相場としては高くて5万円ほど、安くて1万円ほどです。これはエレベーターの形式や点検頻度によって変わりますのでご注意下さい。また、製造メーカーの子会社に頼むか、独立系の会社に頼むかによっても大きく変わります。

点検の重要さと今後の風潮

数年前に某社製のエレベーターによる死亡事故の痛ましいニュースがありました。タワーマンションなどの建設ブームによってエレベーターを設置する高層建物は増えています。長くなればなるほど、事故の可能性は増えるため、しっかりとした定期的な保守点検が必要となります。昔はそのエレベーターを製造したメーカーの直接子会社が保守を請け負っていたのがほとんどでしたが、経費節減の昨今においては独立系に依頼するオーナーさんも増えています。メーカーは製造責任者であり、中身を熟知し、部品の交換や故障対応も迅速です。反対に、独立系は全体的な知識は持ちますが、専門的知識では負けます。また、部品を在庫していない場合もあるので修理に時間がかかる可能性もあります。経費を取るか安全を取るか、よく考えてみて下さい。

ピックアップ

安全に稼働させるために

便利なエレベーターを安全に稼働させるためには、保守を行なうことが大切です。月単位で保守を行なうだけでも、安全性は大きく異なります。保守費用は、依頼する業者によっても異なりますが、相場は年間数十万円程度です。

情報収集が大切

インターホンを交換する場合は、どのような商品があるのか、どのような機能なのか、など詳しい情報を知っておいたほうが良いです。インターネットで調べることもできますし、専門業者に電話して調べることもできます。

交換の流れ

インターホンが故障したら、新しい商品に交換しましょう。インターホンには、電源プラグ式と乾電池式があります。それぞれ特徴が異なるので、専門店などに相談して、自分に合った物を購入しましょう。

お得に交換する

コンセントの交換は単体で行なうよりも、2個〜3個同時に行ったほうがお得にできます。ですから、何個交換したら安くなるのか、調べることが大切です。一般的なコンセント交換にかかる費用は、4,000園程度です。

安く抑えるために

UR団地を退去する場合は、掃除をしてなるべく綺麗な状態で退去した方が良いです。そうしないと、原状回復で請求される項目が多くなってしまいます。なるべく安く抑えたいなら、入居時に説明を受けておきましょう。

オススメリンク

  • 株式会社大都設備

    エアコン取り付けを大阪で業者に頼みたいと考えているのであれば、綺麗な仕上がりを行なってくれるこちらの業者になります。
  • 空調ex.com

    業務用エアコンに関する見積もりをすぐに出してほしいと考えているならこちらの業者がオススメになります。ここなら電話一本で駆け付けてくれます。
Copyright © 2015 社内の環境設備を行なうならプロの業者にお任せ All Rights Reserved.